※本サイトはPRリンクを含みます

2023年6月 SteamユーザーのGPUシェアから見る半年間で”売れたGPU”

PCデータ

2023年6月のSteamハードウェア調べが公開されました。
本稿では2022年11月時点のデータと比較して、約半年の間に”売れたGPU”を可視化します。

記事の概要

・この半年間でシェアを伸ばしたGPUと減ったGPUは?
・最新GPUの売れ行きは?

スポンサーリンク

SteamユーザーのGPUシェアTOP10

最新(2023年6月)のSteamユーザーのGPUシェアTOP10はこの様になっています。

2023年6月データ

GPUシェア率
NVIDIA GeForce GTX 16505.50%
NVIDIA GeForce RTX 30604.60%
NVIDIA GeForce GTX 10604.45%
NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop4.14%
NVIDIA GeForce RTX 20604.04%
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti3.51%
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti3.32%
NVIDIA GeForce GTX 16603.20%
NVIDIA GeForce RTX 30702.90%
NVIDIA GeForce RTX 30502.58%
左欄の記号は順位のUP/DOWN

2022年11月データ

GPUシェア率
NVIDIA GeForce GTX 16506.27%
NVIDIA GeForce GTX 10605.77%
NVIDIA GeForce RTX 20604.64%
NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop4.63%
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti4.60%
NVIDIA GeForce RTX 30603.41%
NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti2.46%
NVIDIA GeForce RTX 30702.44%
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER2.41%
NVIDIA GeForce GTX 10502.40%

GPUシェアトップはGTX1650

2023年6月のSteamユーザーのGPUシェアトップは引き続きNVIDIA GeForce GTX1650で、半年前と変わらずエントリースペックのGPUとして根強いシェアを維持しています。

主流はNVIDIAのエントリー〜ミドルスペック

TOP10のすべてをNVIDIA製GPUが占めています
内訳はGTXシリーズが4モデル、RTXシリーズが6モデルのランクイン。
さらにRTXシリーズの中ではRTX3000シリーズが5モデルランクインしています。
ナンバリングを見るとxx50〜xx70のエントリー〜ミドルスペックモデルがTOP10すべてを占めており、xx80〜xx90のハイエンドモデルはTOP10には届いていません。

SteamユーザーのGPUシェア増減TOP10

2022年11月から2023年6月の約半年間で、シェアを伸ばした&減らしたGPUのTOP10は以下の様になっています。

GPUシェア増加TOP10

GPUシェア増減
NVIDIA GeForce GTX 1660+1.69%
NVIDIA GeForce RTX 3060+1.19%
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti+1.05%
NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop+0.79%
NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti+0.60%
AMD VANGOGH+0.57%
NVIDIA GeForce RTX 4090+0.54%
NVIDIA GeForce RTX 3070+0.46%
NVIDIA GeForce RTX 4080+0.39%
NVIDIA GeForce RTX 4070+0.35%

GPUシェア減少TOP10

GPUシェア増減
NVIDIA GeForce GTX 1060-1.32%
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti-1.09%
NVIDIA GeForce GTX 1650-0.77%
NVIDIA GeForce GTX 1050-0.67%
NVIDIA GeForce RTX 2060-0.60%
NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop-0.49%
NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti-0.43%
NVIDIA GeForce GTX 1070-0.42%
NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti-0.31%
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER-0.22%

売れたGPU

2023年6月までの”売れたGPU”として、エントリースペックではGTX1660がシェアを伸ばしました
全体シェアでトップを占めるGTX1650は同時にシェアを減らしたGPUの3位にランクインしており、徐々にエントリーモデルの主力が1660に移行している様子がわかります。

またRTX3060及びRTX3060TiRTX3070はミドルスペックモデルとしてシェアを大きく伸ばしており、RTX2060などの旧ミドルスペックモデルとの入れ替わりが起きています。

注目のGPU

シェア増加TOP10の6位にランクインしたAMD VANGOGHは、今回取り上げた全体シェア及び増減TOP10の中で唯一ランクインしたAMD製のGPUです。

見慣れない名前のGPUですが、このVANGOGHは2022年末に日本国内でも出荷が開始された『Steam Deck(スチームデック)』に搭載されているGPU(APU)です。

携帯ゲーム機サイズの本体でSteamを持ち運べることがウリの端末で、かなり好調な売れ行きを記録している模様です。

created by Rinker
¥120,267 (2024/05/21 04:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

最新RTX4000シリーズもシェア拡大

全体シェアのランキングではまだまだ上位には食い込めていませんが、最新RTX4000シリーズも順調にシェアを伸ばしています。

RTX4000シリーズで目立っているのはハイエンドのRTX4090と後発の割にシェア増加率が高いRTX4070Ti
逆に言うと高価なハイエンド帯では4080の立ち位置は少し中途半端なのかもしれません。

最新ミドルスペックのRTX4070、及び直近の発売となったRTX4060Ti及びRTX4060は計測期間の関係でまだまだ数字を伸ばせていませんが、エントリー〜ミドルスペック帯のシェアの強さを考えれば今後はおそらく主力としてシェアを伸ばすでしょう。

ゲーミングノートPCはRTX4060Laptopに大きくシェア転換

ノート向けGPUでは、RTX3060Laptopがシェアを減らしRTX4060Laptopがシェアを伸ばすというわかりやすい入れ替えが進んでいます。
デスクトップ用に比べてもともと選択肢が少ないLaptop用GPUなので需要が集中しやすいという傾向もあるのでしょう。